フライトレーダー24解説サイト。英語の意味の解説や初心者でも分かりやすいように画像つきで丁寧に解説。有料版で出来ることや用語解説、解約手続きまで詳しい情報を掲載しています。

フライトレーダー24の使い方




ニュース

ホライゾン航空のDASH-8 Q400が地上職員に盗まれて墜落という事案発生

更新日:

こんなことって起きるんですかね!?

2018年8月10日、ワシントン州シアトルのシアトル・タコマ国際空港からHorizon Air ボンバルディア DASH-8 Q400が盗まれました。犯人は、29歳のリチャード・ラッセル。Horizon Airの地上サービスオペレーターでした。

幸い彼一人だけ乗っており、巻き込まれた人はいませんでした。自分でエンジンを起動させ、現地時間19:32に滑走路から離陸させました。その後アクロバット飛行を行った後墜落。"リッチ"(彼の愛称)は死亡しました。

テロの可能性や予期しない事態に備えて2機のF15戦闘機がスクランブル発進。

盗まれた機体はこのアラスカ航空所有で、レジストリナンバーはN449QX。

N449QXは事故当日13:35にシアトルに着陸し、この日はそのまま飛行の予定がありませんでした。

Q400は空港のメンテナンス地区から盗まれ、現地時間19:32に滑走路16Cから無許可で離陸しました。シアトルタワーは、当初から無線更新を試みましたが、反応はなし。(周波数をどこに合わせてるのかわからないので当然ですが・・・)

その後管制官は、リチャードとの無線連絡に成功。25分間通信することができました。彼は自分自身の名前を名乗り、自分は「狂った男だ」「壊れているヤツ」「ネジがぶっ飛んでる」などと自分を形容。

管制官はなんとか着陸させようと説得しますが、リチャードはもともと着陸させようと思っていなかったらしいですね。自殺するつもりだったのでしょう。そして、やってみたかった操縦をいくつか試しました。背面飛行のようなことなどやっちゃってます。

最終的に、ワシントン州ピアス郡のケトロン島にQ400は墜落し、リチャードも死にました。空港を離陸してから約1時間後のことです。

リチャード・ラッセル

リチャードは既婚者で、タコマ空港でエプロンに駐機している飛行機を再配置するチームに4年間所属していたようです。上司は「みんなから好かれていた」「静かな男」と評していました。

SNSの時代、彼の更新記録やアクロバット飛行しちゃってる飛行機の映像などがYouTubeに上がっています。

交信記録↓



おすすめ記事

1

空を見上げて、あの飛行機はどこ行くんだろうなぁ、どれくらいの高さを飛んでるんだろう、どこの航空会社かなあ、なんて思ったことはありませんか? 無料アプリ「フライトレーダー24」を使うとそういった疑問の答 ...

2

皆さんは自分が飛行機に搭乗した記録をつけていますか?なかなか長期に渡って自分のフライトレコードを作っていくのは難しいですよね。 そんな時に是非活用していただきたいのがフライトレーダー24のサービスの一 ...

3

フリー版、有料プラン版で出来ることの表です。 有料版には「Silver」と最上位の「Gold」の2つのプランがあります。 当然ながらBasicよりもSilver、SilverよりGoldが機能がたくさ ...

4

アプリを購入したり課金したりする場合には、前もって解約やキャンセルの方法を知っておくことは大切ですし安心です。 残念ながら思ったような楽しみ方ができなかったという場合などには、残念感と多少の怒りを感じ ...

5

フライトレーダー24はアプリ版だけではなく、パソコンで楽しむブラウザ版もあります。 ブラウザ版にはアプリ版にはない機能があり、Flightradar24を作成運営している人たちのブログ、自分の飛行機搭 ...

-ニュース

Copyright© フライトレーダー24の使い方 , 2019 All Rights Reserved.