フライトレーダー24解説サイト。英語の意味の解説や初心者でも分かりやすいように画像つきで丁寧に解説。有料版で出来ることや用語解説、解約手続きまで詳しい情報を掲載しています。

フライトレーダー24の使い方




My.Flightradar24の使い方

皆さんは自分が飛行機に搭乗した記録をつけていますか?なかなか長期に渡って自分のフライトレコードを作っていくのは難しいですよね。

そんな時に是非活用していただきたいのがフライトレーダー24のサービスの一つ、「My.Flightradar24」。半自動でこれまでの飛行機搭乗記録を集計してくれるウェブアプリです。このサービスはブラウザ版のみで使うことができ、ヘッダーメニューの「Social」の中にある「My.Flightradar24」でサービスを利用できます。

このサービスは、搭乗したフライト、機種、機体、使用した空港などを記録でき、なおかつ評価も出来るというものです。

ココがおすすめ

  • My.Flightradar24は自分で記録し続けるのが難しい搭乗記録を半自動で記録し、見栄え良く集計してくれる。
  • 最低限の必要な情報は日付便名のみ。

注意ポイント

AndroidやiOSなどのアプリ版(iPadも含む)のブラウザで起動しようとするとアプリがたちががってしまって利用できません。PCやMacのブラウザでのみ利用可能です。

アカウント開設

まず、フライトレーダー24のアカウントを作成します。フライトレーダー24の有料版を使っている方はそのままフライトレーダー24のアカウントを使います。無料でもアカウントを作ることができます。

統計情報

ぼくのアカウントの画面を見ていただきます。

過去二年間ほどのフライトの記録をとっています。記録したフライトの地図、何フライトしたか、総距離はどれくらいか、何時間乗ったか、CO2排出量など、独自に記録していたのではわからない内容も見ることができます。距離の部分は下のところに地球何周分か、月までの距離でいうとどれくらいか、太陽までの距離だとどれくらいかがスクロールします。

シートのクラス、窓側の席だったか通路側の席だったか真ん中の席だったか、搭乗の目的は何だったか、どの地域を飛んだかなど様々な統計が出ます。他にもどの空港を一番使ったか、どのエアラインに多く乗っているのか、ルートで多いのはどこ?などなど。こういった情報は大量の情報入力がなくても自動的集計してくれます。

使い方

データの入力はとても簡単で、搭乗後でも搭乗前でも入力できます。今回は搭乗前にデータを前もって入力しておく方法です。搭乗後も入力方法はほぼ変わりません。

チケットの手配などが終わったら上部ツールバーの「+ADD FLIGHT」を選択します。

必要な情報は2つだけ。日付便名のみです。ここでは仮に10月1日に日本航空JL62に乗って成田からロサンゼルスへ行くチケットを購入したとします。

たったこれだけです。入力の90%は終わりました。NEXTで次に行きます。

そうすると、便名から出発地、到着地、スケジュール、機材などがすでに入力された状態で表示されます。唯一入っていないのがAircraft reg(機体ナンバー)。まだ先のことなのでどの機体を使うかはわかりません。

でも下の欄に「Flight info Updates」のAutomatic Updates がオンになっています。当日機材が確定したら情報が自動的にアップデートされAircraft reg情報がインプットされます。

注意ポイント

間違ったエアライン名が入ってしまうことが多々あります。例えばPeachもなんだかよくわからない航空会社の名前が入ってしまいます。その名前を消して「Peach」と入れると正しいエアライン名が出てきますのでそれを選択してください。

次へ行きます。

チケット情報を選択します。何も入力しなくてもSAVEすることができます。

入力できるチケット情報

  • Flight class(搭乗クラス)
  • Flight Seat(搭乗シートの位置。窓側、間、通路側、シートナンバー)
  • Flight reason(搭乗目的。レジャー、ビジネス、クルー、その他)
  • Personal note(残したいメモがあればこちらに)

SAVEしますと最初の画面に戻り、搭乗予定の路線が白い線で結ばれます。

当日のフライトが終わると登録してあるメールアドレスにメールが入ります。そこでエアラインや機材の評価を行うことができます。

評価

搭乗後に様々な評価を行うことができます。評価しないこともできます。

評価できる項目

  • 出発空港
  • 到着空港
  • エアライン
  • 機種

これらを5段階評価します。

オプションですが更に細かく評価することもできます。

空港

評価できる項目

  • Getting to the airport(空港へのアクセス)
  • Check-in(チェックイン)
  • Security check(セキュリティーチェック)
  • Terminal facilities(ターミナル施設)
  • WiFi
  • Food and retail services(食事と売店)
  • Lounge(ラウンジ)

エアラン

評価できる項目

  • Boarding/deplaning(搭乗と降機)
  • Flight crew(フライト・クルー)
  • In-Flight services(飛行中のサービス)
  • In-Flight entertainment(飛行中のエンターテイメント)
  • WiFi

Settings

上部ツールバーのセッティングで単位の選択などができます。

ブログパーツもあり、自分の飛行記録をブログなどに貼り付けることができます。旅ブロガーなどにはもってこいですね。

これまでの飛行実績のバナーです。


搭乗予定の便のバナーです。

また、データのエクスポート、インポートもできますので、万が一アカウントを新しくしたいといったときにもデータを引き継げますし、エクスポートしたcsv形式のデータを何かに活用することも出来るでしょう。何かが何かはよくわかりませんが。

注意点としては、ブログパーツのデータの更新が遅いという点です。搭乗が終わってもしばらくは情報が反映されません。

まとめ

世界の果てまでイッテQ!のような世界中を飛び回る番組などで「これまでに移動した距離は地球○○周!」というようなフレーズをよく耳にします。それを個人で統計をとって行くのは結構手間がかかります。でもこのmy.Flightradar24のサービスを使えば最小の手間で最大のデータを残すことができます。ぜひ利用してみてください。




おすすめ記事

1

空を見上げて、あの飛行機はどこ行くんだろうなぁ、どれくらいの高さを飛んでるんだろう、どこの航空会社かなあ、なんて思ったことはありませんか? 無料アプリ「フライトレーダー24」を使うとそういった疑問の答 ...

2

皆さんは自分が飛行機に搭乗した記録をつけていますか?なかなか長期に渡って自分のフライトレコードを作っていくのは難しいですよね。 そんな時に是非活用していただきたいのがフライトレーダー24のサービスの一 ...

3

フリー版、有料プラン版で出来ることの表です。 有料版には「Silver」と最上位の「Gold」の2つのプランがあります。 当然ながらBasicよりもSilver、SilverよりGoldが機能がたくさ ...

4

アプリを購入したり課金したりする場合には、前もって解約やキャンセルの方法を知っておくことは大切ですし安心です。 残念ながら思ったような楽しみ方ができなかったという場合などには、残念感と多少の怒りを感じ ...

5

フライトレーダー24はアプリ版だけではなく、パソコンで楽しむブラウザ版もあります。 ブラウザ版にはアプリ版にはない機能があり、Flightradar24を作成運営している人たちのブログ、自分の飛行機搭 ...

投稿日:2018年9月11日 更新日:

Copyright© フライトレーダー24の使い方 , 2019 All Rights Reserved.