フライトレーダー24解説サイト。英語の意味の解説や初心者でも分かりやすいように画像つきで丁寧に解説。有料版で出来ることや用語解説、解約手続きまで詳しい情報を掲載しています。

フライトレーダー24の使い方




AR - 拡張現実ビュー

スマートフォンの機能を最大限に使った、これまでになかった楽しみ方を提案してくれたのがAR(拡張現実ビュー)です。

飛行機が飛んでいるのを見かけたときに、スマートフォンを飛行機の方向にかざすと、エアライン名やどこからどこへ飛んでいるのか、高度、スピードなど様々な情報が表示されます。

左上のアイコンをタップしてください。

そして空にカメラを向けます。

画像はiPad版アプリです

こんな風に飛んでいる飛行機の情報がポップアップされ見ることができます。

残念ながらデータに遅延があり、飛行機にピッタリ合うというのは難しいのですが・・・

特に空港近くなど、飛行機が近くを高速で移動しているようなときは表示との差が大きくなります。

高高度で飛んでいる飛行機だとピタリと表示させることができます。

また、スマートフォンのコンパスの性能にもかなり左右されます。iPhoneなどはコンパスの性能と処理能力がいいのか、リアルタイム性が高いように感じます。逆に性能があまり良くないと、もっさりとした動きになります。

表示の説明

スライダー

このスライダーは、情報をキャッチする飛行機の範囲を設定するものです。

上にスライドすると広範囲の飛行機を、下にスライドすると狭い範囲の飛行機を表示します。

バンコク周辺で広範囲に設定するとポップアップが重なってしまってよくわからなくなります。

空港から離れた場所などではスライダーを上にして広範囲の飛行機をキャッチします。空港から近い場所で広範囲にするとポップアップだらけでわけがわからなくなります。

一番下の=を立てにした記号をタップするとコンパス連動がストップします。

マップサークル

円の中の明るい部分が、スマートフォンのカメラで映し出されている部分です。

スライダーと連動していて、スライダーを上にすると広範囲のマップに、スライダーを下にすると挟範囲のマップになります。

右上の数字は現在向いている方向を360°で表しています。

表示の明るい部分に一機だけ入っているのが分かるでしょうか。この時のビューがこちら。

曇っていて機体は見えにくいのですが、エアアジアの機体が飛んでいるのがわかります。

DetailsとOverview

Detailsを選択すると表示される項目

  • 便名
  • エアライン名
  • 高度
  • 対地速度
  • レジスターナンバー
  • コールサイン

Overviewを選択すると表示される項目

  • 便名
  • エアライン名
  • 発着地
  • 機種
  • 自分の位置から飛行機までの平面距離

注意

  • くれぐれも太陽を見ないように気をつけてください。
  • スマートフォンを水平線より上に向けないと動きません。
  • コンパスとの連動がおかしくなったときは、スマートフォンを八の字をかくように少し動かしてみてください。直る場合があります。



おすすめ記事

1

空を見上げて、あの飛行機はどこ行くんだろうなぁ、どれくらいの高さを飛んでるんだろう、どこの航空会社かなあ、なんて思ったことはありませんか? 無料アプリ「フライトレーダー24」を使うとそういった疑問の答 ...

2

皆さんは自分が飛行機に搭乗した記録をつけていますか?なかなか長期に渡って自分のフライトレコードを作っていくのは難しいですよね。 そんな時に是非活用していただきたいのがフライトレーダー24のサービスの一 ...

3

フリー版、有料プラン版で出来ることの表です。 有料版には「Silver」と最上位の「Gold」の2つのプランがあります。 当然ながらBasicよりもSilver、SilverよりGoldが機能がたくさ ...

4

アプリを購入したり課金したりする場合には、前もって解約やキャンセルの方法を知っておくことは大切ですし安心です。 残念ながら思ったような楽しみ方ができなかったという場合などには、残念感と多少の怒りを感じ ...

5

フライトレーダー24はアプリ版だけではなく、パソコンで楽しむブラウザ版もあります。 ブラウザ版にはアプリ版にはない機能があり、Flightradar24を作成運営している人たちのブログ、自分の飛行機搭 ...

更新日:

Copyright© フライトレーダー24の使い方 , 2019 All Rights Reserved.