フライトレーダー24解説サイト。英語の意味の解説や初心者でも分かりやすいように画像つきで丁寧に解説。有料版で出来ることや用語解説、解約手続きまで詳しい情報を掲載しています。

フライトレーダー24の使い方




Alerts 使用例

Custom Alertの使用例

更新日:

カスタムアラートはスポッターの人には無くてはならない機能です。空港に行くとエアラインマニアの人たちがどでかいカメラを片手に航空無線を聴きながら目当ての機体を狙っていますよね。

昔は、飛行機の個体をどうやって識別してるんだろう?その情報を仕入れているんだ?と思うこともあったのですが、今は時代が違います。全部アプリでわかっちゃいます。

ただ、狙っている機体がいつ近くの空港に飛来するかなんて言うのは全くわかりません。機体のオペレーションによって定期的に飛来したりイレギュラーに飛来したりします。

そんなときに使えるのがカスタムアラートです。

例えば・・・

A350-900の写真がまだ揃ってないな。シンガポール航空の9V-SMIの写真がまだないじゃないか!という場合だったとします。

この機体はシンガポールからの超長距離便に使用されていることが多く、なかなか日本には飛来しません。履歴を見ても、日本には数回しか来ていません。

この機体がホーム空港に来る前にアラートをセットしておく事ができます。

まず、Custom Alertを開き、Alert typeをRegistrationにし、Alert triggerに機体のレジスターナンバーを入力します。


Alert regionでLocalを選択すると「Select area」というボタンが現れます。

ここで設定した範囲に飛来したときにアラートを通知します。羽田に飛来するのであれば、だいたい一時間前くらいにはアラート通知が来るくらいの範囲です。すぐには空港に向かえない場合は少し広めにしておいたほうがいいでしょう。

Additional conditionsで、さらに追加条件を設定します。Registrationを選択した場合は、高度や行き先を条件に加えられます。

羽田に飛来する場合を想定しているのでDestination is、つまり行き先がHND(IATAの空港コードを入力)と入れてADDします。

そうすると、このようになります。レジスターナンバーが9V-SMIがセレクトしたエリアに飛来し、かつ羽田に飛来する場合に通知するという条件がかけました。忘れずにDoneします。

無事カスタムアラートが設定されました。あとは待つだけです。

注意

Additional conditionsの追加条件は複数の条件を入れることが出来るのですが、同じ項目の条件を重ねることはできません。例えば、行き先を羽田と成田の両方を指定してどちらかに来る場合、という設定はできないということです。その場合は別のアラートを設定しておく必要があります。



おすすめ記事

1

空を見上げて、あの飛行機はどこ行くんだろうなぁ、どれくらいの高さを飛んでるんだろう、どこの航空会社かなあ、なんて思ったことはありませんか? 無料アプリ「フライトレーダー24」を使うとそういった疑問の答 ...

2

皆さんは自分が飛行機に搭乗した記録をつけていますか?なかなか長期に渡って自分のフライトレコードを作っていくのは難しいですよね。 そんな時に是非活用していただきたいのがフライトレーダー24のサービスの一 ...

3

フリー版、有料プラン版で出来ることの表です。 有料版には「Silver」と最上位の「Gold」の2つのプランがあります。 当然ながらBasicよりもSilver、SilverよりGoldが機能がたくさ ...

4

アプリを購入したり課金したりする場合には、前もって解約やキャンセルの方法を知っておくことは大切ですし安心です。 残念ながら思ったような楽しみ方ができなかったという場合などには、残念感と多少の怒りを感じ ...

5

フライトレーダー24はアプリ版だけではなく、パソコンで楽しむブラウザ版もあります。 ブラウザ版にはアプリ版にはない機能があり、Flightradar24を作成運営している人たちのブログ、自分の飛行機搭 ...

-Alerts, 使用例

Copyright© フライトレーダー24の使い方 , 2019 All Rights Reserved.