フライトレーダー24解説サイト。英語の意味の解説や初心者でも分かりやすいように画像つきで丁寧に解説。有料版で出来ることや用語解説、解約手続きまで詳しい情報を掲載しています。

フライトレーダー24の使い方




Airport アップデート ニュース

フライトレーダー24に新しいデータソースが加わる

投稿日:

この記事のポイント

  • フライトレーダー24に新しいデータソースASDE-Xが加わった
  • アメリカの主要35空港のみ
  • ブラウザ版フライトレーダー24のみで作動

これまでフライトレーダー24はADS-B、MLAT、FLARM、US/CANADA RADARのデータソースを利用していましたが、新たにASDE-Xというデータソースが加わりました。

ASDE-Xとは

Airport Surface Detection Equipment, Model X の略で、日本語でいうと「空港表面検知装置」とでもいいましょうか。ASDE-Xは、滑走路と誘導路の移動を詳細に把握することにより、航空管制官が滑走路の衝突の可能性を検知することを可能にするツールです。ASDE-Xは飛行場内外の複数のソースから取得した複合データを利用して、空港の地上面で車両や航空機を追跡します。アメリカの主要35空港でのみ運用されています。

何が変わるの?

Flightradar24にASDE-Xのデータを含めることで、米国の主要空港で追加の表面移動データが利用可能になりました。これまでのデータソースを補完して、世界で最も混雑している空港のいくつかで表面移動データの品質を向上させることができます。地上レベルのMLATがカバーされていないか、またはカバー範囲が狭い空港で動作しているADS-B、トランスポンダをまだ装備していない航空機に特に役立ちます。 ASDE-Xを追加することで、これまでカバーしていなかった可能性があるフライトの最初と最後の部分を追跡できるようになります。ただし、現在のところブラウザ版フライトレーダー24のみが対応しているようです。今後アプリ版に導入されるかはわかりません。

シカゴオヘア空港の様子です。確かに今までよりも表示されている機数が多くなっています。また、正確性も以前よりもだいぶ向上しているようです。きちんと誘導路上を複数の機体が動いているのがわかります。ただ、表示が完璧かというとそういうわけでもありません。これは元データと地図データのズレなども関係しているかもしれません。

ASDE-Xが運用されているアメリカの主要35空港

運用されている空港は以下の35空港です。

  1. Baltimore-Washington International Thurgood Marshall Airport (Baltimore, MD)
  2. Boston Logan International Airport (Boston, MA)
  3. Bradley International Airport (Hartford, CT)
  4. Charlotte Douglas International Airport (Charlotte, NC)
  5. Chicago Midway Airport (Chicago, IL)
  6. Chicago O’Hare International Airport (Chicago, IL)
  7. Dallas-Ft. Worth International Airport (Dallas, TX)
  8. Denver International Airport (Denver, CO)
  9. Detroit Metro Wayne County Airport (Detroit, MI)
  10. Ft. Lauderdale/Hollywood Airport (Ft. Lauderdale, FL)
  11. Milwaukee Mitchell International Airport (Milwaukee, WI)
  12. George Bush Intercontinental Airport (Houston, TX)
  13. Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport (Atlanta, GA)
  14. Honolulu International Airport / Hickam Air Force Base (Honolulu, HI)
  15. John F. Kennedy International Airport (New York, NY)
  16. John Wayne-Orange County Airport (Santa Ana, CA)
  17. Lambert-St. Louis International Airport (St. Louis, MO)
  18. LaGuardia Airport (New York, NY)
  19. Las Vegas McCarran International Airport (Las Vegas, NV)
  20. Los Angeles International Airport (Los Angeles, CA)
  21. Louisville International Airport-Standiford Field (Louisville, KY)
  22. Memphis International Airport (Memphis, TN)
  23. Miami International Airport (Miami, FL)
  24. Minneapolis St. Paul International Airport (Minneapolis, MN)
  25. Newark International Airport (Newark, NJ)
  26. Orlando International Airport (Orlando, FL)
  27. Philadelphia International Airport (Philadelphia, PA)
  28. Phoenix Sky Harbor International Airport (Phoenix, AZ)
  29. Ronald Reagan Washington National Airport (Arlington, VA)
  30. Salt Lake City International Airport (Salt Lake City, UT)
  31. San Diego International Airport (San Diego, CA)
  32. Seattle-Tacoma International Airport (Seattle, WA)
  33. Theodore Francis Green State Airport (Providence, RI)
  34. Washington Dulles International Airport (Chantilly, VA)
  35. William P. Hobby Airport (Houston, TX)




おすすめ記事

1

空を見上げて、あの飛行機はどこ行くんだろうなぁ、どれくらいの高さを飛んでるんだろう、どこの航空会社かなあ、なんて思ったことはありませんか? 無料アプリ「フライトレーダー24」を使うとそういった疑問の答 ...

2

皆さんは自分が飛行機に搭乗した記録をつけていますか?なかなか長期に渡って自分のフライトレコードを作っていくのは難しいですよね。 そんな時に是非活用していただきたいのがフライトレーダー24のサービスの一 ...

3

フリー版、有料プラン版で出来ることの表です。 有料版には「Silver」と最上位の「Gold」の2つのプランがあります。 当然ながらBasicよりもSilver、SilverよりGoldが機能がたくさ ...

4

アプリを購入したり課金したりする場合には、前もって解約やキャンセルの方法を知っておくことは大切ですし安心です。 残念ながら思ったような楽しみ方ができなかったという場合などには、残念感と多少の怒りを感じ ...

5

フライトレーダー24はアプリ版だけではなく、パソコンで楽しむブラウザ版もあります。 ブラウザ版にはアプリ版にはない機能があり、Flightradar24を作成運営している人たちのブログ、自分の飛行機搭 ...

-Airport, アップデート, ニュース

Copyright© フライトレーダー24の使い方 , 2019 All Rights Reserved.